'; ?> 逆流性食道炎の症状と原因

逆流性食道炎の症状と原因

逆流性食道炎の症状と原因

逆流性食道炎がガンに・・・

 

逆流性食道炎の症状には、胃液が既に食物などが通過したはずの胃の上部にある食道へ流れ込む、
即ち、逆流した胃酸によって食道の粘膜に炎症を生じた状態です。

 

主な症状

  • 胸焼けが何度か続く
  • 胃酸が口の中にまで戻ってきて酸っぱいような感じがする
  • のどや食道につかえた感じがしたり、違和感が残る
  • 胃もたれがする
  • 背中の痛み
  • 耳の後ろが痛くなる
  • 歯軋り

などの症状が出ている方は逆流性食道炎の疑いがありますので注意が必要です。

 

これが続くと、様々な合併症にも・・・

 


原因とは何か?

逆流性食道炎の原因

食道と胃の境目である噴門部(ふんもぶ)の括約筋(かつやくきん)が緩むことにより
胃液が食道へ逆流しやすくなります。

 

筋力が低下する高齢者に多く発症する病気とされていますが、若い人にも多く起こります。

 

体の歪みなどはないか?

噴門部(ふんもぶ)あたりの背骨に歪みが発生している場合が多く、正しく機能しない状態になっています。
胃や食道をはじめ、内臓というのは正しい位置に正しい形で存在して、正しく機能することができるのです。